2018年1月8日月曜日

どうして、ヨーガなんだろうね? なんでインド行くんだろうね?

今日から
しばらく南インドにいってきます✈️



久々に勉強だけにコミットできる特別な時間が得られたことに感謝しかありません。
旦那さんを置いてひととき家庭をほっぽりだし、
あまり具合が良くなくて、気になる親を置き、
仕事も長期で休みを貰って
それでも我儘をつらぬく自分。
そんな状況で行かせてもらうわけで
普通に考えたら、あほちゃうか?
つっこみどころ満載ですが
それでも行く以上は、目一杯楽しんで(学んで)こようとおもう。
否、期待するのはちがうね
ただ、先生のところにいってくる。行きたいから行かせてもらう、行ける機会がやってきた、それだけやな!笑
理由なんて、どうでもいいことだ。


でも付け足しておくと、、、
四年前にトレーニングを受けに行ったとき、
あくまでその時はヨガて、なんだろね?のヨの扉をほんの少し覗き見したにすぎず、扉の前にたって、よし、この道を歩いてみようか。
ぐらいのかんじでした。
その時、先生が言ってたのが


限られた場所、整えられた環境、ととのえられた食生活
その中での修行は、集中してあたりまえで、それをいかに普段の生活で自分のものとしていくか。
それでもあなたがここに来れたことは喜ぶべきことで、それに感謝をして日常に戻りなさい。
日常こそが修行の場なんだよ、と。
そして最低3年たってまた学びたくなったら、戻ってきたらいい

そう仰られました。

そのときの自分は
トレーニングが修了するや否や
わたし、3年後に戻ってきます!!
いやすぐにでもまた戻りたい!
と豪語する始末。
いやいや、3年たったからどうのこうのやないで
中身やで
質やで
そんなことを旦那さんにもつっこまれましたが‥

この石の上にも三年、節は
尊敬しているシータ由美子さんもブログで書いていて
わたしも大きく頷いたものです。


資格ハンター
ディプロマハンター
気持ちいいことしたい、
ちょっと名がしれてほしい
あれも欲しいこれもほしい
もっとほしい、もっともっとほしい〜♪
(途中で、ブルーハーツの歌思い出して脱線。苦笑)

ほしいほしい星人や!笑👽

そうなってはならないと。
いや、実際私はそのテの資格をツラツラ自分の紹介で書きつらねるのは、なんか違うっておもうし
それでの判断しかできない場にいくなら
行かねーよ!!!

そんな風にもおもったりなんかして。
→捻くれ者ですよ、完全にw


何でもそうようですよね
身につくまでは時間がかかるもの
仕事にしたって
一年そこらじゃ、ようやく慣れたに過ぎないでしょうし。
それでわかったふりしてたら、職場の先輩に頭叩かれるかもしれへんよね笑


で実際のところ
この四年で、何かわかったか?
と言われたら
まぁわかっちゃいないでしょうね。
それが現実。
自らのハンドリングは少しずつ、
できるようになってきたかもしれない。
ただ、ヨガの練習をする、レッスンをさせていただく、ヨガを通して見える景色、
行いという経験を通して
考え方、見え方、捉え方は変化していきました。
迷いがなくなるというのか
とてもシンプルですっきりした状態。

ちょっとしたことで、もう迷わない。



私の過去四年のティーチングの(自分の想いの変化)過程は以下


1年目‥‥
やる気に満ち溢れて、とにかくクラスさせてもらいたい!とにかくシェアしたい!
でも自分がレッスンをするのに必死でまわりをみる余裕なし


2年目‥‥
少し余裕がでてきて、来てくださる方をちゃんと観れるようになってきた。引き出しを増やしたいと思うように


3年目‥‥
観察する目が養われ、全体を見れるように。臨機応変さに対応できるようになってきた。ようやく、来てくださる方に寄り添わせてもらっているかもしれない、という感覚


4年目‥‥
全員がハッピーになれるようにと、安定してその時々の状況に対応できるようになったものの、
自分のメンテナンスが後回しになってきた。
それによって大きく揺らぎはじめる。
職業インストラクターとしての自分に悩まされる。
そうではないのでは、とおもいはじめる。


→まさに2017年はココにいました。苦笑

ブログでもほんまよく書いていましたが
体調崩すことが多くなり、ヨガをしてると風邪ひかない説が崩れ落ちるという笑。
それもこれも、自己管理の賜物なんですね。要は自己管理できなくなったぐらい変化激しい年だったということですが、
でもそもそも、どんな状況であれ自己管理は行ってて然るべき、ということですよ。
わざわざ確認しなくてもふつう〜に苦笑。でもできたなかったんだら仕方ない。人間だし、認めよう笑。
認めると、身軽になって
できないことを責める負のループから抜け出し🌞✨


なぜ、自分はヨガをしたいと思ったのか?
なぜクラスをさせてもらおうと思ったのか?
そんなことをトコトン、トコトン考えて
一巡して戻ってきました。


ここで、ようやく
いま、自分はもう一度気持ちを
まっさらにして勉強したいという意欲が湧き上がってきたわけです。
4年、気がつけばあっという間。
でもまだほんの4年です。
でも得たものも大きい。それってありがたいことです。


果てしなく続くこの学びの鎖にのっかって、もう一度先生達にあって気持ちをひきしめたい。
完全に自分のための学びですね。
自己中、、やけどそれを自己中だけで終わらせない。その先につなげていきたい。ハッピーの連鎖を!


そんなこんなで
Sivananda yoga vidya peetham
門をもう一度たたくことにしました。


自分が経験して得た感覚や幸福感、
日々を生きる知恵
そういった毎日を生きる喜びをシェアさせてもらいたいです。おこがましいですが‥ほんとそれに尽きます
特別なことではない
ささいなほんの一瞬の美しさ
それらに気づく感度をあげていくこと
自分のチカラで自らを変化させれることを知り
人生が豊かになっていくこと
本来のあるがままをしり
愛をわけあたえながら
きげんよう生きていけること

先人、グル、師匠、先輩達の歩くまっすぐな道をみつめながら。


わたしがシヴァナンダヨガを愛してやまないのは

バランスよくすべてのヨガの道を
勉強できるからです。


そして
同じ線上の道にいる師や先輩達がいることでとても心強く、道がそれそうになったときに気づかせてくれる存在がいつでもあるから。
遠い存在ではなくて、インドの名称で、スワミジ(ざっくりいうと出家したその道の先生)ですら、分からないことを質問したらインドからメールで教えてくれる。

インドでアシュラムに入ると
そんなスワミ、先輩達と釜の飯を一緒にし、朝から晩まで寝食共にして学びを行います。
聞きたいことがあればいつでも聞ける環境。
朝の浄めから始まり
瞑想をし、先生の話をきき(講話といえばわかりやすい?)毎朝チャンティングをし、マントラを唱え、プージャが行われ
そこから1日がはじまります。
アーサナクラスを受け、
ヴェーダンタを学び
食事、sevaの時間、ヴァガバットギーターや、スートラ、解剖学、ティーチングクラス、食事、サットサンガ、チャンティング、各自自習、レポート提出
就寝

ざっくり言うとこんなかんじの1日。
休むひまなし笑

インドの伝統的な教育システム
グルクラにのっとって、デザインされています。

通常のグルクラは12年位。
幼少期から青年になるまで、様々な生活を共にした勉強を行うわけですが
シヴァナンダヨガはこのグルクラを元に
現代人に合わせて
期間は短いけれどそこに入門してトレーニングを受けることができるわけです。

そこで得れるものは
ディプロマ
だけではなく、、、、
(各々違うご意見と思いますがわたしの場合)
集団生活の中での立ち居振る舞い、役割、色んなエゴが出てくる自分を知りました。
いや〜な自分の側面とか
むきだしの自分にであう。
そんな己といかに向き合うか苦戦しながら知識の伝承を受ける

日本の伝統芸能の世界とか、きっとそんな形でもっと厳しいんだろうとおもう。何年もかけてね。

あらためて、人格が問われる、養われる気がします。

なのでね、
ほんのひとときの修行期間ではありますが身が引き締まり、
そしてそれを自分に持ち帰ることができる。遠く離れたインドから日本に。
そう思っています


🇨🇮🇨🇮🇨🇮🇨🇮🇨🇮🇨🇮🇨🇮🇨🇮🇨🇮🇨🇮🇨🇮🇨🇮🇨🇮🇨🇮


私がシヴァナンダヨガに出会ったのは
偶然の暇暇時間をインド旅行中に持て余してたところからはじまります。


特に観光したいわけでもなく、、
インドに一人旅で来たものの、ふらふらと町をぶらつくか誰かと話するか、何か食べてるか。
そんなきままな自由旅行をしている中で
今でも忘れもしない光景。
トリバンドラム駅近くのバスステーションの目の前の宿で、ぼんやり行きかうバスを何台も見送り、排ガスにまみれながら
退屈しのぎにパラパラめくっていたロンリープラネットにシヴァナンダダンワンタリアシュラムというのが書いてあるページに目が留まったのです。

なになに、ごはんつき?宿泊できる?ヨガできる?〔→そんなにやったことないくせに興味本位〕しかも結構滞在費安いやん、、、
あらっ?しかもここからめっちゃ近そうやで‥ 行っちゃう?よし行ってみよか。あ、たしか友達の〇〇さんも行ったことある、てそういえば言ってたな。。

そんな、ええ加減で気軽な理由で
門をたたいたわけです。

そしたら、なんのなんの

!!!!わけがわからん!!!!!

財布とか預けさせられ
最低3日は滞在してください、
アシュラムを一歩でも出る時は許可を得る必要があること(→ということは基本的に外に出れないということ)
蚊帳渡され、大部屋に案内され
英語何言うてるかよう分からんし
何をどうしてよいのやら右往左往。
また行ったタイミングが悪かったのか?
後からわかったんですが
プージャの日か何かで、みんな準備に忙しい。
居てる人はトレーニング中であんまし口聞いてくれない‥

どないせえっちゅうねん!笑
と独り言を言いながらアシュラム内をウロチョロ。

そりゃそうです。
そんなところに飛び込みでいってしまってるのでヨガのヨもわからない自分が
かなりの余所者であることは間違いない。

でもね、
そのあとに参加したプージャでのマントラの美しさや光景、波動
できないなりに参加したアーサナクラスでのよくわからない心地よさ
いや、むしろまっさらすぎたから
偏見もなくすんなり入ってきたんでしょうね。
ふうん、こんな世界があるのかー。と。

最低滞在期間を過ぎて、
管理された食事のせいなのか
毎日行う瞑想のせいなのか
アーサナのせいなのか
それとも、それしかすることがないということへのシンプルさからなのか

妙に居心地がよくなり。

もう少し、ヨガ、というものに触れて
経験してからこのような場所に再び訪れてみたいな。

そんな思いが湧き上がってきたのでした。
ナンチャッテアシュラム体験てわけですね苦笑


そこから、それしか知らないからこそ
シヴァナンダヨガを勉強するに至り、
巡り巡って
いろんな先生に出会い、一本の道筋が、その先の先人達、学びの連鎖がハッキリと見えるこの先生のところでほんきで学んでみよう、そうやって辿った先に
スワミゴビンダナンダジの所にお世話になることに。


これもご縁なんでしょうね。


そして何より、南インドが肌にあったというのも大きい笑

北インドのデリーからインドに入って、南下したとき
自分のボルテージが上がり捲くったんですよ苦笑
古いオーディオの音量の針表記が
10ぐらいか一気にMax振り切るぐらい!
バビョーン!!!!!
て、南インドに入った瞬間
気候、人びとの優しい笑顔、言葉の違い、
デリーのグレー色の空から一気にカラフルな極彩色に切り替わるのを体感して
テンションもはやアゲアゲ。
その時に書いた過去の日記みたら、すんごいテンション高くなってた笑


それぐらい南国を自分が求めていたという。それって自分の過去の記憶と連鎖反応したんだとおもうんですけどね。
何度となく行っているバリやフィジーと重なって。安心感といいましょうか

そんな場所での修行、もはや楽しくないわけがない!→まじめにやれよwと突っ込んどこう。




今回はアシュラムの場所が少し移動してケララ州の北になっているんですが
想像以上にカントリーサイドと聞いています。
だからなおさら嬉しい。
何もない、て素晴らしいじゃないですか!!
大地と草木と広い空があれば、もぅ充分!

またこちらのブログかSNSかでシェアします笑。どんだけ何もない場所なのかいまから楽しみです。



というわけで
長文になりましたが


なんでヨーガ?なんでインド?
そんな事ともあらためて向き合いながら

ふかーくじぶんにもぐってきますです。


では、いってきます!


2017年12月31日日曜日

ことしも、おせわになりました &ハロー2018ねん!

2017ねんにお会いした方も、
そしてまだお会いしていないけれど
どこかですれ違ったり、つながっているだれかも

ありがとうと感謝のきもちを




どどーん、と勝手におくりますw

勝手に、なので、スルーされてもオッケー○苦笑

理由もございません。
贈りたいので、おくります。

個人的に2017ねんは
精神的激動の年でした。
よくこっそり泣きました。
それは嬉し涙も、悲し涙も、くやし涙も、複雑な心境涙も含めて
悩んだり、結構考えにはまってしまったり、実際身体こわしたりして
よく動いて迷走したなぁ、、、という感想。

たぶん、2018ねんは、
それらが一巡して一からスタートやなぁ
てな、風に思っております。

実際に、お正月があけたら
インドに向かうので、先生のところでもう一度気合い入れ直すタイミング。
ちゃんと瞑想してきます苦笑

さてさて、
お正月明けて、インドに旅立つ直前ですが

六甲風の家にて、
シヴァナンダヨガのオープンクラス開催します。
年末年始をはさんで、ゆったりとした気分に、少しずつエンジンをかけていくように2時間たっぷりご自身とむきあってみませんか?

こうでなくちゃとか、こうあるべきとか
そんなことは一切といません。
ちょぴっとばかし、日常の時間を切り離して、日常に活かせるような
自分の取扱い説明書、もしくは地図。
それらを発見する旅でございます。
いえ、単にのびのびとするだけでもよいでしょう
それでも、きっと清々しい気分になること間違いなし!です😊

2018年1月6日 (土)
9時30分〜11時30分
参加費:2000円
場所:六甲風の家(六甲風の郷公園内)



ゆく年くる年がはじまるよ〜
年の瀬やなぁ
お正月やなぁ

みなさまどうぞ、健やかにお過ごしくださいませ!!
नमसुते


2017年12月22日金曜日

しごとも愛情ー!


タイトルから暑苦しいことをかきましたが、、苦笑



そこにあいはあるかい?



これ、わたしの生きてる中でのお題でもあります


時々自分に問いかける。


そこに、あいはあるか
あいをこめることができるか。


愛情をこめられないことは
きほんてきに、しない。
いや、したくない、
がただしいかもしれない


もちろん、いっぱいいっぱいのときは
そんなことすら考えてもいないけれど苦笑


基本的に愛を向けれること、ひと、もの、
できごと、ようじ、etc

それが私の判断基準です


ちょっと面倒くさいやつかもしれませんね苦笑


面倒くさいけど、ゆずれないから書いちゃおうw



でね
またなんでそんなことを書いてるかというと。

最近歯医者に通ってまして。

トリップ中に、歯が痛くなったら困るな‥というわけで、インド行きの前に歯のメンテナンスをしとるわけです。

お世話になっている歯医者は、無痛治療で丁寧なのが有名。歯科衛生士さんもワンサカ働いていらっしゃるところで、
毎回、衛生士さんが変わる。

そして気付いてしまった‥
気づかなくてもいいのに。(衛生士さん、勝手に申し訳ない!)

愛を持ってしごとしてるかどうかが
何となく触られた瞬間にわかっちゃ‥‥‥った。
あくまで私の主観ではありますが 
触れ方がひとによってちがう。
毎回違うから、余計にそう思うのかもしれないけど

突貫工事系
時間厳守系
様子見ながら攻める系
器具使いうまい系
麻酔増量する系

ほんと主観ですよね苦笑
でもじいぃっと仰向けで、耐え忍んでいるので?なんか敏感になりまして。

歯て、頭蓋とつながってるでしょう?
視覚、聴覚、臭覚、味覚、を感じる感覚器官とも近い。
ゆえに衛生士さんの触覚の思いやりの個人差に
反応してしまいました苦笑

うまい、へた、はそんなに大したことやなくて

そのしごとに、愛、もってるか〜い?


‥‥‥つい聞きたくなった次第でございます。


愛のあるところに
愛は広がる。


‥ええ、はい、
要するにお口の中痛かった出来事でした。


何回も言うけど
あいはだいじやで!
まじで!笑








2017年12月20日水曜日

今日のわたしは

何パーセントですか?




今日の鷲尾的バロメーターは、
10パーセント。

そんなわたしをみとめることから
始めよう

むりやり100パーセントに上げようとするより健全^^)

10パーセントのなかでやり切る

そんな日もあってもいい


て思ったらノーストレスかもしれませんよ








2017年12月16日土曜日

きょうのつぶやき。


 


やさしいだけが
あい
じゃないのです

だれだって
やさしくされるほうがいいにきまってる

だってそれは
ラク、だし
自分に甘える隙を
つくることができるから


でもね


ほんとうのよろこびやしあわせは


ことばをなぞらえても
みえてこなくって


その裏側にある
本質的なものを
みおとさぬように‥
注意深く観察することからはじまる


そしてそれは決して
ラク、なものなんじゃなくて
ほんのばかし
傷みを伴うこともあるかもしんない
もちろん、痛くてきずついてることが
ただしい、
てわけでもなくて

ちょいと己を律するきもちと
どんな状況でも
客観性をもつことからはじまるんじゃないか。


そんなことを考えながら
ぼんやり家路を急ぐ12がつ。




2017年12月12日火曜日

朝のおつとめ。

夜は悩みに陥りやすい

朝は思考が具現化しやすい

できれば考え事は
朝の時間、
特に日の出の時間
に行ってみましょう

経験上、頭が整理されて
やることリスト、やりたいリスト
夢や目標が叶いやすいとおもいます
夢や目標とかくと、ちょっとスピリチュアル系の占いみたいですけどw

あくまで私の一個人の経験として、
大抵そうだなと実感しています

瞑想や身体を動かすこともそう。
頭の中のゴチャゴチャが少ない分
おのずと集中します
朝は身体めーっちゃかたいですが苦笑
かたい身体を、ゆるやかにほぐしながら
気づくことも多い。
瞑想も、周りのせかいが動き出す前だから(たとえば、電車とか人の声とか、家族とか、鳥の声とか世界が動き出す時間てありますね。ザワザワしてくる、その前)
内側に向けやすい。


夜は、、、
まあいらんこと考えますわなw
間違いないw

よく、手紙は夜に書かないほうがいい
なんて言いますが

ほんまやで。

思いがややこしくなるとおもいます。
感情的に書いてしまったりして、朝にもう一度見直すと
やや高ぶってる自分の言葉に冷静さを取り戻し
いやん、はずかすぃ〜
てこと大抵書いてると思うな。
それはそれで、面白いとおもうけども。

ラブレターにかぎらず笑
夜は、魔物がすんでいる‥‥。
というのは、冗談ですが
よほど、整理された生活をしていない限り
頭の中や体も、ゴチャゴチャしてるから
お休みするほうがいいでしょう
とはいえ、仕事柄深夜に働かねばならない方もいるわけで
そういう場合は、仕事にコミットしておく。
→ていうか仕事以外のこと考える暇ないですね、、、


寝るの大好き、お布団ラブ。
布団にダイブする瞬間が、もっとも幸せを感じる朝寝坊がちな私が言うのもなんですがw
朝の活動は、スンバラシイなと実感しています。
ぜひ、早起き習慣をつけてみてください。。
私自身も夜の帰宅が遅い仕事をしているので、朝はほぼ、ぅうぅうもう少し寝たい‥寝させて‥と悶絶しながら起きてますのでご安心を😁たぶんみんな一緒です。

なんも、ガツガツ動こう〜とせんでもいいとおもいます。
起きて、少ししずかにすごす。
それだけで、たぶん世界が変わる。


冬はほんまに朝陽がきれいだよ





 

2017年12月7日木曜日

きょうのつぶやき。




あまりにも完ぺきな
自然の流れ、采配に

感動して、おどろくばかり。